PILOTペン字講座 受講開始

tateisu496.hatenablog.com

とりあえずで買った練習帳が終わったがまだまだペン字熱が収まりそうにないので、思い切ってPILOTのペン字講座を受講することにした。
f:id:tateisu496:20170606131153j:plain:w300

PILOTのペン字講座を選んだ理由

ネット等で色々と調べたところ、ペン字の通信講座は

の3つが主要であるようだった。
私はPILOTの通信講座を選んだが、それぞれの講座に特徴があるように思うので、PILOTを選んだ理由を簡単に書いておく。

好みの字体が選べる

折角字を習うのだから、お手本の字体が自分の好みであるかどうかは大事なポイント。
日ペンのお手本の字はなんとなく好きになれなかったが、PILOTでは4種類の字体から一つ選んで学習できる。
請求した資料にサンプルが少し載っていたが、B系統とC系統の文字は悪くなさそうだと思った。

比較的安い

ユーキャン、日ペンの受講費用が30,000円台だったのに対して、PILOTは税抜で12,000円であった。
ちなみに、値段の分だけユーキャンや日ペンの方がテキストや添削が丁寧らしい。

万年筆でペン字練習できる

他の2つは「ボールペン字」講座と銘打っているだけあってボールペンで綺麗な字を書こう、という内容。
それに対してPILOTは「ペン字」講座で、ボールペンなども使うことがあるらしいが基本は万年筆での練習。
万年筆を使いこなしたいと考える私としてはPILOTの通信講座が最適だと思った。

受講を始めた感想

申し込みの手続きを終えて10日ほど経ってから、テキストが届いた。
軽く読んだり、練習してみたりした感想を書いておこうと思う。

とっつきにくい

ネット上にも「PILOTのペン字講座は初心者向けとはいえない」という記述があったため多少は覚悟していたが、想像以上に何から練習してよいのか分からずいきなり放り出された気分に。
テキストはお手本と硬筆検定を受験する上で役立つ資料集が大半を占め、少しだけ練習書きができるスペースがあるのみ。
基本的にお手本を見ながら自分で癖を直せ、というスタンスのようだ。
今月は漢字の課題なのだが、お題となる漢字の練習のほかに何をすべきか、しっかり考える必要がありそうだ。

字典は必須

これもネットで何度か見かけたため、字体の系統を決めたらすぐに字典を買うつもりでいたのだが、本当に字典がなければ何もできないんじゃないかと思うくらいであった。
テキストに系統ごとのお手本が載っているのは課題を除くと平仮名くらいで、どの系統か明言されずにお手本が載っているページが多い印象。
癖を直してお手本に近づけることが上達への近道だと考えると、字典を購入してそれを真似ていく作業が必須なのではないかと思う。
また、毎月出題される級位判定課題はお手本がないので、級位を上げていくためにも字典は必要だと感じた。 私はテキスト全体を見た結果、B系統に決めたので、B系統用として推奨されている字典を購入した。

ペン習字三体

ペン習字三体

楷書から草書まで大きく載っているので悪くなさそうである。

特典のデスクペンは悪くない

特典で定価1,000円のデスクペンが付属しているのだが、EF(極細)なので非常にペン字練習に向いていると感じた。
雰囲気を出すためにデスクペン用のスタンドを買ったのだが、いちいちキャップをしめる必要もなくて快適である。

今後の目標

一つのモチベーションとして、とりあえずの目標を書いておこうと思う。

硬筆書写技能検定2級をとりたい

硬筆書写技能検定は6月、11月、1月にそれぞれ試験があるようである。
6月の試験の申込期間は過ぎてしまったので、11月に3級、1月に2級を受けて就活の始まる前に合格するのが理想である。

行書を綺麗にスラスラ書けるようになりたい

丁寧に書いた字はそれなりなのだが、走り書きとなると自己流で見づらい字になってしまうので、走り書きでも綺麗な行書でそれなりの速度で書けるようになりたい。