読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪ウォッチ

今回は、中古で購入した「妖怪ウォッチ」について書いていきたいと思います。
今の子供の間ではポケモンに劣らないほどの人気があるみたいですね。
レイトンシリーズといい、イナズマイレブンといい、
Level5には販売戦略の上手さを感じます。

実際にプレイしてみると、あらゆる部分に作りこみを感じられて、
やっぱり売れただけあってよくできてるなー、と。

まずはマップ。
田舎から都会まで、よく作りこまれていると感じました。
序盤はマップを散策するだけである程度楽しめるんじゃないかってくらいです。
ちょうどいいタイミングで自転車、ワープが使えるようになるのは
ポケモンでいう「じてんしゃ」、「そらをとぶ」を彷彿とさせましたね笑

メインストーリーは普通の小学生らしく虫捕りから始まり、
身近なちょっとした事件を解決するところからクライマックスの壮大な展開まで、
自然にシフトしていく感じでした。
もっと同級生組が関わってくるのかと思いきや、意外とあっさりでした。

個人的に、このゲームの中で一番良いと感じたシステムはクエストでした。
おつかいをしたり、妖怪を倒したり連れて来たりして悩みを解決するというものです。
その内容は身近でちょっとした、取るに足らないようなものなのですが、
サザエさん」とかを見てるような感じでなんだかほっこりします。
その上、数も100個以上とかなり多くて、やり込み要素としては十分なボリュームでした。

クエストをやっていると自然とレベルも上がって、
メインでつまずくことはほとんどありませんでしたねー
ただ、妖怪が仲間になる確率が想像以上に低いので、
この妖怪を連れていきたい!ってなった時は大変でした、、、
せっかく捕まえても弱いことも少なくないし、
半分以上が進化しない妖怪だからそのまま使わずってパターンも多かったです。
色が違うだけ、みたいな妖怪も多いんだから、
もう少し進化してもいいんじゃないかって感じました。

でも、捕まえにくい妖怪の種類が多いからハマる子供が増える、
という意味では必要な部分なんでしょうけどね。
ガチャがあるのには露骨さを感じずにはいられませんが。
最初は妖怪図鑑をそろえようかとも思っていたのですが、
現在はメインストーリークリアってだけで満足しちゃってます。


まあ、総じて子供の間で流行るように上手く作り込まれている良いゲームでしたね。
なんやかんや言って私も結構はまりましたし。楽しませてもらいました。
妖怪ウォッチ2も、そのうち買おうかと考えてます。