読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北縦断旅行3日目その2 ~弘前編~

五能線編からの続きです。

f:id:tateisu496:20161026000233j:plain:w240
リゾートしらかみ3号の終着点、弘前駅で下車。
弘前城の有料区域に入れるのは午後5時まで。あと1時間しかないので急いで向かいます。

弘前城

f:id:tateisu496:20161025235414j:plain:w300
弘前城についてみると、どうやら石垣の修復で天守閣が移動しているとのこと。
石垣部分はまさに工事中といった感じ。
f:id:tateisu496:20161026000309j:plain:w300
天守閣はほど近くに移動されていました。
これはこれで珍しい状態ですが、工事の後にもう一度訪れたいところです。

f:id:tateisu496:20161026000351j:plain:w300
天守閣を見終わると、辺りは少し暗くなってきました。
ライトアップも始まって綺麗。

f:id:tateisu496:20161026000435j:plain:w300
一旦ホテルのチェックインを済ませてから夜景を見に戻りました。
済んだ水面に映る景色がまた良いです。
f:id:tateisu496:20161026000514j:plain:w300
赤い橋が何個もあり、良い雰囲気でした。平成竣工でしたが、雰囲気も大事です。

東北縦断旅行3日目その1 ~五能線編~

いよいよ東北旅行も折り返し。
3日目と4日目は写真も多いので、2つに分けて投稿しようと思います。
毎日投稿って案外たいへん。

千秋公園

早起きして、駅の近くにある千秋公園を散策。
土曜の朝方ということで、観光客よりは地元の方が多そうでした。

f:id:tateisu496:20161025234310j:plain:w240
御隅櫓。もともとは久保田城の跡ということで、お城みたいな建物です。
f:id:tateisu496:20161025234358j:plain:w300
胡月池。静けさの中に噴水の音だけが響いていて風情を感じました。

他にも神社や像などがあり、紅葉も始まっていてなかなか良かったです。

リゾートしらかみ

秋田から10:40発のリゾートしらかみ3号へ。
快速のリゾート列車に乗れるのもフリーパスの魅力ですね。
満席とまではいきませんが、大勢のお客さんが乗っていました。
f:id:tateisu496:20161025234449j:plain:w240
記念に車両の写真を一枚。
f:id:tateisu496:20161025234554j:plain:w240
五能線の大半は海沿いを走るので、車窓から綺麗な景色が見えます。

千畳敷

f:id:tateisu496:20161025234829j:plain:w300
秋田発で千畳敷駅に降りられるのは3号だけ。
ここに寄るためにこの電車に乗りました。
f:id:tateisu496:20161025234911j:plain:w300 f:id:tateisu496:20161025234959j:plain:w300
駅前に広大な千畳敷が広がっていました。

弘前駅

千畳敷を過ぎて少しすると電車は海岸線を離れます。
五所川原駅を過ぎて乗客の減ってきたところで先頭車両へ。 f:id:tateisu496:20161025235141j:plain:w300
乗り鉄という訳でもないのですが、運転席からの眺めはいいですね。
電車でGOを買う人の気持ちが少しだけ分かったような気がしました。

白神山地とか青池とか寄ってみたかったですが、それはまた別の機会に。

東北縦断旅行2日目 ~平泉編~

2日目は平泉観光。
世界遺産登録されて以来、ずっと行ってみたかった場所です。

前日移動が多く疲れたのか若干寝坊してしまいましたが、
f:id:tateisu496:20161024232321j:plain:w300
10時半に平泉駅到着。駅前はこんな感じです。

駅前で自転車を借り、平泉を回ります。

高館

自転車を借りた先で教えてもらったルートを参考に、まずは高館へ。
f:id:tateisu496:20161024232409j:plain:w240
「夏草や 兵どもが 夢の跡」で有名な源義経の没地です。
f:id:tateisu496:20161024232441j:plain:w300
こじんまりとしていましたが、眺めがよかったです。

中尊寺

続いて中尊寺。駅から徒歩30分とのことでしたが、自転車だとあっという間。
f:id:tateisu496:20161024234858j:plain:w240
メインの金色堂。中にも入りましたが、その迫力に圧倒されました。
これは見に来る価値がありますね。

芭蕉はここで「五月雨の 降り残してや 光堂」と詠んでいるそうです。
昨日今日と、芭蕉ゆかりの地を巡っていますね。

毛越寺

駅前方向へと戻り、今度は毛越寺へ。
本堂
f:id:tateisu496:20161025001134j:plain:w300
入口正面にある本堂。お堂の中に入ることもできました。

f:id:tateisu496:20161025001216j:plain:w300
本堂の右手には大きな池が。
写真を撮っている位置に門があったとのこと。

f:id:tateisu496:20161025001302j:plain:w300
池の周りには多くの建物の跡があり、現在建っているのはこの常行堂ともう一つだけでした。
なんだか哀愁を感じます。

f:id:tateisu496:20161025001335j:plain:w300
一通り回った後、入口近くの宝物館へ。
ここに毛越寺の推移が書かれていたのですが、
どうやら度重なる焼失の後、再建されることなく現在に至っているらしいです。
普段こういった展示は軽く読み飛ばしてしまう私ですが、
ついつい端から端まで読んでしまいました。

秋田へ移動

寄りたいところには寄れたので、乗りたい電車が来るまでの時間潰しも兼ねて温泉へ。
この日もなかなかの寒さだったので、身体が温まって心地よい。
やはり温泉はいいですね。

3時間ほど電車に揺られ、宿泊地の秋田へ。
写真は撮り損ねてしまいましたが、想像以上に大きな駅でした。

稲庭うどん

翌日の朝には秋田をたつこともあり、秋田らしいものを食べようということで、
秋田駅の「佐藤養助」というお店で稲庭うどんを食べることに。
温冷が両方楽しめる「味くらべ」というメニューを頼みました。

細めかための私好みの麺で、コシがあって美味しかったです。

去年に讃岐うどん水沢うどんを食べたので、日本三大うどんを制覇です。

移動ルート

一ノ関 10:21~10:28 平泉

平泉 15:54~16:24 北上
北上 16:41~18:00 横手
横手 18:05~19:13 秋田

東北縦断旅行1日目 ~山形編~

10/20(木)から24(月)の朝まで、丸4日間かけて東北を縦断してきました。

大まかな日程

最初の3日は秋の乗り放題パス、最終日はあおもりホリデーパスを使用。 鈍行を乗り継いで青森を目指します。

10/20(木):立石寺・天童の観光
10/21(金):平泉観光
10/22(土):リゾートしらかみ五能線観光
10/23(日):竜飛岬・青森駅周辺の観光

観光の感想など、時間があるときにつらつらと書いていきたいと思います。

山形まで

東京から山形まではおよそ8時間。
今回は最初に山寺駅に向かうこともあり、仙台から仙山線に乗るルートです。
5時頃に家を出て、乗り換えを繰り返し電車に揺られ、
f:id:tateisu496:20161024173044j:plain:w240
山寺駅に到着。

立石寺観光

山寺駅といえば「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」で有名な
f:id:tateisu496:20161024173053j:plain:w240
「山寺」こと立石寺
ということで、1,000段ほど階段を上る立石寺観光です。
この階段がいいんですよね~。

f:id:tateisu496:20161024173056j:plain:w240
立石寺といえばこの辺りの写真が多い印象です。
実際に景色の良い場所はたくさんあるんですが、ここが一番写真映えするんですよね。

天童散策

1時間半ほど滞在し、次は天童に向かいます。乗り換えついでに
f:id:tateisu496:20161024173059j:plain:w300
山形駅へ。30分ほどしか空きがなかったので駅前を散策する程度でした。

f:id:tateisu496:20161024173141j:plain:w240
そして4時過ぎに天童駅に到着。
まずはこの写真にも写っている将棋資料館で駒の作り方などについて見学。
なかなか興味深かったです。

そして天童市街にある将棋にちなんだものを見るために暫し散策。
日も暮れてきて、なかなか寒かったです。
山形で寒がるようでは先が思いやられます。もう少し厚着して来るんだった。 f:id:tateisu496:20161024173218j:plain:w300
f:id:tateisu496:20161024173346j:plain:w300
f:id:tateisu496:20161024173241j:plain:w240 f:id:tateisu496:20161024173413j:plain:w240

宿へ

予定では18時の電車で山形に行き、夕食を食べてから一ノ関の宿に泊まる予定だったのですが、いざ山形に来てみると強風の影響で仙山線が遅れている、とのこと。
残念ながら他のルートは困難そう。もっと早く気付いていれば、、、
最悪新幹線を使えばたどり着けそうだと、急いで夕食を済ませ仙山線に乗り込みました。
途中の駅で何度か止まったため、案の定新幹線を使うことに。
節約旅行でこの出費は痛いですが、仕方ないですね。

夜間の長距離移動はできるだけ控えようと思った一日でした。

移動ルート

(東京)~6:51 宇都宮
宇都宮 6:56~7:47 黒磯
黒磯 7:54~9:01 郡山
郡山 9:24~10:10 福島
福島 10:40~11:56 仙台
仙台 12:11~13:15 山寺

山寺 14:57~15:17 山形 山形 15:46~16:06 天童

天童 18:15~18:35 山形

山形 19:34~21:01 仙台
仙台 22:20~22:53 一ノ関 (東北新幹線)*1

*1:本来は仙台 21:05~22:41 一ノ関 の予定だった

キングオブコント2016感想 決勝

1stステージに続いて、決勝の感想。

かもめんたる

439点 (個人的採点:82)
冗談を言いまくるドライバーとヒッチハイカーのネタ。
ネタの性質上、爆笑するようなタイプでないことを踏まえても微妙だった。 最後の方の運転手が説明的すぎた気もする。

タイムマシーン3号

448点 (89)
演劇の練習を手伝う友人の演技力がすごいというネタ。
家の中という設定なのに掛け声が聞こえたりするのが予想外でよかった。木の演技の流れは笑った。 後半、演技下手な方の演技が入ると間が悪くなってるような気がした。

かまいたち

456点 (91)
ホームルームで犯人捜しをする生徒が犯人を名乗り出るというネタ。
展開の見えるタイプの笑いだったが、生徒側のヤバさが際立っていて面白かった。 個人的に、決勝ステージではダントツで良かった。

ライス

470点 (86)
レストランで店員が水をこぼしたと思わせて、実は客が漏らしていたというネタ。
実は漏らしていたという部分がピークで、後半はそこまで面白くなかった。 絶対1本目の方が面白かったと思うし、なぜあそこまで高得点が出たのかわからない。

ジャングルポケット

464点 (87)
医者に余命3分と告知される老夫婦のネタ。
これも3分と告げられる部分がピークで、あとはノリで押し切っている感じだった。 もう少し意外性のあるオチがほしかったと思う。

決勝あるあるなんだけど、全体的に1本目の方が良かったという印象でした。
決勝ではジャンポケ応援してたから残念だったけど、妥当な結果だったと思います。

キングオブコント2016感想 1stステージ

キングオブコント2016見ました!
それほどお笑いに詳しいわけでもないのですが、感想でも書いてみようかと思います。

1.しずる

443点 (個人的採点:85)
犯人がいないとわかっている建物に突入するというネタ。
採点者も言っていたけど、設定の手の内を明かした状態で笑いを取っていくのはすごいと思った。 今一つはまらなかったが、順番が違えば結果も違ったのかも。

2.ラブレターズ

424点 (84)
野球拳の歌ネタ。
いきなり野球拳を歌い始める部分がピークだった印象。 スリーバントの意味がすんなり分かる人ならもう少し面白かったのかも。

3. かもめんたる

444点 (83)
彼氏が自身の念を彼女に送るというネタ。
彼氏側が終始喋らなかったのが良くなかった気がする。最後に喋るならそこで笑いを取ってほしかった。 オチへの持っていき方が強引な気がして個人的には微妙。

4. かまいたち

458点 (92)
拘束されたまま首が下がる手品のようなものを延々と見せ続けられるネタ。
ワンパターンなのだがツッコミのバリエーションが豊富で最後まで面白かった。 うまいオチがあればもう少し伸びたと思う。

5. ななまがり

430点 (89)
「なす持ち上げる時だけ、左利きだよ」というフレーズが忘れられないというネタ。
基本的に面白かったのだが、コント中にセットを変えるのはどうなんだろう。 あと、オチはもっと他にあったんじゃないかと思った。

6. ジャングルポケット

466点 (92)
使用中のトイレを開けてしまうというネタ。
ジャンポケらしいノリで押し切るスタイルだったが、終始爆笑だった。 よく見る無駄に壮大になるネタよりこっちの方が好み。斉藤のツッコミが良かった。

7. だーりんず

431点 (80)
結婚式前に父親が血がつながっていないことを告白するネタ。
放送時間帯を考えてあの下ネタはよくないと思った。 深夜番組であのネタを見たら印象は違ったかもしれない。

8. タイムマシーン3号

445点 (88)
カツアゲされている方から小銭があふれ出てくるネタ。
見たことがあるネタではあったが、やはり面白かった。 コントというよりは芸に見入ってしまった感じもするが。

9. ジグザグジギー

433点 (87)
ハエを箸で仕留める達人が、箸を変えずにご飯を食べるというネタ。
ワンキャッチワンライスまでの流れは良かったが、最後にだれた印象。 「全然おかず食べない」的なツッコミが良かった。

10. ライス

466点 (93)
命乞いをしている方が逆に色々な要求をしてくるというネタ。
設定一つで乗り切る感じのネタだったが、ドはまりして爆笑。 要求の投げ方が絶妙で、「肩もんでくれ~」とか素晴らしかった。

なんか上から目線みたいな感想になってしまいました。
こんな感じで決勝も書いていきます。

信越旅行3日目その2 ~弥彦山編~

弥彦山登山

弥彦山へはロープウェーが出ているのですが、
時間に余裕があるので登山してみることに。

軽いノリで決めたのですが、思ったより遠く、ちゃんとした服装で登る人が多くて
なんとなくの軽装で来た私は少し気恥ずかしくなりました。
結構疲れたし、登山はちゃんと準備してやるものですね、、、

山頂

汗を流してようやっと山頂へ到着。
f:id:tateisu496:20161112005456j:plain:w300
なかなか良い眺めです。

f:id:tateisu496:20161112005728j:plain:w300
そのまま彌彦神社の奥宮へ。
快晴ということもあり、なんとも幻想的な眺めでした。

パノラマタワー

9合目から逆方向に登って、ロープウェーの山頂駅の方向へ。
こちらの方が観光スポットの色が強かったです。

f:id:tateisu496:20161112005804j:plain:w240
この写真に写っているのがパノラマタワー。
景色が良さそうだったので乗ってみました。
f:id:tateisu496:20161112005834j:plain:w240
パノラマタワーの内部はこんな感じ。
そこそこ空いていたので、景色を独り占めしている気分。 f:id:tateisu496:20161112005901j:plain:w300
座席のある部分がゆっくり回転して、360度眺望を楽しめます。

下山

f:id:tateisu496:20161112005930j:plain:w240
疲れたので、帰りはロープウェー。
窓が開いていて、なかなかの迫力でした。

最後に、少しだけ時間が余ったので、駅の近くでお菓子を食べました。
f:id:tateisu496:20161112005959j:plain:w240
名産品の玉兎と、温泉饅頭。おいしかったです。

帰京

18きっぷで東京に帰るには、弥彦を3時すぎに出る必要がありました。
上越線の終電が早いからですね。
案の定、18きっぷ旅行者と思しき人が大勢乗っていました。

高崎線からは時間に余裕があったので、地元高崎で夕食を食べ、
時間をずらして東京へと帰りました。

移動ルート

東三条 8:54~9:14 吉田
吉田 9:18~9:26 弥彦

弥彦 15:15~15:24 吉田
吉田 15:31~15:50 東三条
東三条 15:54~16:21 長岡
長岡 16:32~18:30 水上
水上 18:35~19:37 高崎

高崎 21:30~(東京)